さかな屋君の子供のミルクをかけためしは煽りがありました。

忘れられない保育園児がいます。そういった私も保育園児でした。50を過ぎたダディが目下だに憶えてある保育園時代の他人の弁当。至って効き目があったのでしょう。亭主はSくんという、四六時中お客様が豊富利用していた魚屋君の娘でした。亭主の弁当のバッグは大きかったのです。バッグの中に何が入っていたかというと、コースの感じに入った飯とビンに入った乳房と白いものが入っていた箱でした。亭主は弁当のふたを開け、それに乳房をたっぷりとかけました。とてもお茶漬けのときのように。後ビックリすることをしました。箱からこれもとことん白い砂糖を出して、その上からかけてかき混ぜるのです。言わば「乳房砂糖かけ飯」でしょうか。それを美味しそうに食べていました。四六時中こういう企画だったような気もする。なんだか美味しそうで、家でイミテーションをしたような気もしますが、美味しかったという記憶はとってもありません。おそらくそれ以上やらなかったのでしょう。なんでそんな企画が生まれたのだろうと思うのです。飽くまでバーチャルですが、Sくんは甘いものが宝物で、乳房も好きで、飯は嫌いだったのではないでしょうか。身内はたとえ飯を食べさせようと考案したのが「乳房砂糖かけ飯」だったのではないでしょうか。亭主も、とうに50を越えました。こういう企画は息子に伝わることなく、なくなっている。脱毛ラボ 部位

さかな屋君の子供のミルクをかけためしは煽りがありました。