ちびまる子ちゃんのマンホールのふたが寄贈されていた。

漫画家のさくらももこさんが亡くなったとの情報が入って早二週間、この間のちびまる子ちゃんは追悼の放送がありました。出身地の静岡のちびまる子ちゃんランドにはたくさんのお客さんが来られていて、本当に老若男女愛された漫画家なのだと思いました。また、サッカーの清水エスパルスが喪章をつけて試合に挑んでいるのをテレビで見ました。地元に根づいて、作品を作り続けていた方なんだと思いました。

そして、さくらももこさんの故郷にちびまる子ちゃんマンホールがJR清水駅に設置されました。生前寄贈されたものだそうです。ふたは二種類あって、お茶や富士山、駿河湾をコンセプトにデザインされていて、黄色の帽子をかぶったまる子ちゃんなどが描かれていて、とてもカラフルでかわいいです。

地元愛にあふれ、地元からも愛されたさくらさん、早い死はとても残念ですが、人の心にずっと残っていくことでしょう。機会があったらまる子ちゃんのマンホールのふたを見に行きますね。キャッシング 金利 安い

ちびまる子ちゃんのマンホールのふたが寄贈されていた。