ガラケーを使っていて全くうら寂しい気持ちになる時

気付けば友人は皆さんタブレットになってしましました。
残り少ないガラケーの傍も、気づけば一人もいなくなってしましました。

それでもこちらがガラケーを使い続ける理由は、何とか額面が安いことです。
友達には「携帯にしたほうがお金安くなるよ」と言われますが、正にこちらがかかていらっしゃるお金を言うと「あ、それなら続けるほうがいいかもね」と言われます。
確かに短いんです。
安くて、メールし放題なのでこちらにはこれで十分なのです。
通話は別お金だけど、通話は殆ど諦めるのでこれだけあれば十分なのです。

でも、むしろ友人が携帯だから方法も出来ないし写真撮るときに電話を差し出し辛くなります。
断然同年代とかティーンエイジャーが集まっているときは。
私の女年代のカテゴリーだと皆さんガラケーだったり、携帯の第三者がいても安心してガラケーを出せます。
それはどうしてでしょう。
こちらが見栄っ張りなのかもしれませんが、同年代の人の前では果てしなく出しづらいだ。
それでも無性に写真が撮りたいときは出して使っちゃいますが、何だか肩身が狭苦しいだ。
でも今は無職専業奥様の私なので、多少なりとも節約しなきゃという思いで惜しくもガラケーを扱う意図だ。すっぽん小町 売っている場所

ガラケーを使っていて全くうら寂しい気持ちになる時