補助輪を外して、自転車を練習している子供の姿をみました。

私は子供の頃、自転車がないと生きていけませんでした。小学校の頃は、公園に遊びに行く時や習い事をしに行く時、中学校・高校の頃は通学で使っていました。まさに私の足になってくれていました。今は、車を運転するようになったので、ほとんど自転車に乗ることはありません。今、普通に自転車に乗ることができるか、不安になるほどです。仕事が早く終わり、珍しく日が暮れる前に家へと向かっていました。その時に、補助輪を外して、泣きながら自転車の練習している子供の姿を見かけました。その子は、お母さんに何度も背中を押してもらいながら、一生懸命まっすぐに走ろうと頑張っていました。そんな姿を見て、なぜだか温かい気持ちになりました。私もその子供のような時期があったなと、振り返っていました。私は補助輪を外した自転車を早く乗りたくて、たくさん練習していたことを思い出しました。そして、たくさん母に「大丈夫」と言ってもらっていながら、転びながら練習して、補助輪を外した自転車を乗れるようになりました。補助輪を外して練習している子供も、きっとすぐに補助輪を卒業できるはずだよとそっと応援しながら、家に向かいました。キャッシング 休日

補助輪を外して、自転車を練習している子供の姿をみました。